女性のためのやさしいマネー入門講座 〜 たった6時間でお金の貯め方、殖やし方が理解できます 〜
マネー講座SOS ファイナンシャル・プランニング・オフィス FP生活研究所
HOME 会社案内 お問合せ サイトマップ
ファイナンシャルプランニングって?
上手に貯めて殖やしたい
しっかり備えたい
豊かに暮らしたい
気軽に相談したい
マネ講座SOSって?
講座案内
最新スケジュール
お申込み方法
パソコン
ファックス
電話
受講者の声
コンサルティング事例
スタッフ紹介
TOPICS
Good Time Club あなたのライフプラン・夢を実現するために・・・ 会員募集中 >>

マネー講座SOS HOME >> TOPICS >> 離婚による年金分割のポイント

 
住宅ローン利用者の意識
 
住宅金融公庫が「18年度住宅ローンに関する顧客アンケート調査」を発表しました。
ゼロ金利解除の後、住宅ローン利用者や利用予定者にとっては、特に金利の動きが気
になるところですが、 その意識調査結果のポイントは以下のような点です。
 
■ローン利用者の86.5%が、今後1年間で、住宅ローン金利は上昇と見込む
  ローン利用者の多くが今後金利は上昇すると予測していますが、上昇の中でも、
・今後1年間は急激な上昇が9.4%
・今後1年間は徐々に上昇が77.1%
を占めています。
ただし、あまり変わらないという回答は7%から1割程度となっています。
 
■ローン利用予定者にとって、ローン返済で心配なのは…?
  ・教育費や介護などの出費による返済への影響が37.3%
・金利変動に伴う返済額の増減が27.6%
なお、既に変動金利や固定金利選択型の住宅ローンを利用している人にとっては、45.4%が、 「返済中の金利変動に伴う返済額の増減」を懸念しています。
 
■金利変動リスクへの対処法は…?
  ・変動金利と固定金利の併用をあげている人が26.0%
・ただし、返済が気になるほどの金利上昇はないだろうという見方も21.0%
 
■返済が増えたときの対処法は…?
  ・一部繰上げ返済が42.5%
・借換えが29.3%
 
■消費者が住宅ローン選びで求めるサービスは…?
  ・返済シミュレーションが76.8%
・家計診断と資金計画相談が40.3%
なお、これらについては、有料のサービスとして5千円以下を望むのが61.6%。
1万円以下が20.6%となっています。
 
このように生活者にとって住宅ローンと金利の動きは非常に大きな影響がありますね。
 
講座案内 最新スケジュール
お申込み方法

▲このページの上へ  
ファイナンシャル・プランニング・オフィス 有限会社FP生活研究所   マネー講座SOS 女性のためのやさしいマネー入門講座
〒600-8095 京都府京都市下京区東洞院通綾小路下る扇酒屋町289
TEL:075-342-1570/FAX:075-342-1569 E-Mail.info@fp-seiken.com
Copyright(C) 2006 FP-SEIKEN . All rights reserved.
プライバシーポリシー   勧誘方針