女性のためのやさしいマネー入門講座 〜 たった6時間でお金の貯め方、殖やし方が理解できます 〜
マネー講座SOS ファイナンシャル・プランニング・オフィス FP生活研究所
HOME 会社案内 お問合せ サイトマップ
ファイナンシャルプランニングって?
上手に貯めて殖やしたい
しっかり備えたい
豊かに暮らしたい
気軽に相談したい
マネ講座SOSって?
講座案内
最新スケジュール
お申込み方法
パソコン
ファックス
電話
受講者の声
コンサルティング事例
スタッフ紹介
TOPICS
Good Time Club あなたのライフプラン・夢を実現するために・・・ 会員募集中 >>

マネー講座SOS HOME >> TOPICS >> 離婚による年金分割のポイント

 
離婚による年金分割のポイント
 
■2007年4月から分割可能になっても、当事者の合意か裁判所の決定が必要
  2007年4月の施行とともに、離婚してすぐ夫の厚生年金に対する妻の受取権利があるのかと勘違いされる人もいますが、2008年3月までは、自動的に年金分割はなされません。あくまで、当事者の間の合意か、または裁判所の決定が必要です。
 
■2008年4月からは、合意がなくても年金分割が可能
  2008年4月以降は、夫の合意がなくても、妻の申し出だけで、年金分割が可能になります。しかし、注意したいのは、過去の婚姻期間分すべてではなく、2008年4月以降の婚姻期間分のみが合意なしで分割できるという点です。
2008年3月以前の分は、引き続き、夫婦の合意か裁判所の決定が必要なのです。
 
■妻が半分の受取権利があるのは、夫の厚生年金のみ
  なお、夫の年金の半分を受け取れると勘違いしている人もいますが、これは、夫の老齢厚生年金部分のみ。
老齢基礎年金部分、企業年金などは分割されません。
 
こうしてみると、年金分割は離婚した女性に有利などと言われますが、実際は、過去の婚姻期間分の夫の老齢厚生年金は、お互いの同意などが必要で、一方的な解釈による行動は慎重にすべきだと思います。

また、将来、離婚歴のある男性と再婚した場合には、その男性の年金分割の手続きがなされていたりすると、実際に後妻の受け取れる年金が減るということもあるでしょう。
 
講座案内 最新スケジュール
お申込み方法

▲このページの上へ  
ファイナンシャル・プランニング・オフィス 有限会社FP生活研究所   マネー講座SOS 女性のためのやさしいマネー入門講座
〒600-8095 京都府京都市下京区東洞院通綾小路下る扇酒屋町289
TEL:075-342-1570/FAX:075-342-1569 E-Mail.info@fp-seiken.com
Copyright(C) 2006 FP-SEIKEN . All rights reserved.
プライバシーポリシー   勧誘方針